パラオ日記≪秘境編≫

パラオ日記の続きだよ!


今回はその他の観光についてちょっとお話を。


この頃「秘境」という言葉に憧れていた私は、
まるっと1日使ってカヤンゲル島というパラオの秘境(と言われている)島に行ってきました。

出発
バスで1時間くらい?だったかな。何にもない船乗り場に到着。
いい天気!

ボート
この日1日お世話になるボート。
秘境に行くにはピッタリな雰囲気でわくわくします!

ガイドさん
パラオ人のガイドさんが2人同行してくれました。
かなりのベテランみたいで何の目印もない海を迷わず進んで行きます。

途中海の真ん中で船を止めて「ここでひと泳ぎしよう!」ってことに。
またライフジャケットを着てシュノーケルを楽しみました。

そして船に乗ること1時間後・・
私の楽しみにしてた釣りタイム!!!しかも手釣りです。
手釣り
針にイカを付けて海に投げます。
そしてただひたすら待ちます・・・・


結果は、、、
船に酔ってグロッキーだった私は何にも釣れませんでした!
てか気分悪すぎて参加すら出来ませんでした。
私以外のみんなは釣れてたのに・・・
ホントに波がすごいから酔いやすい人は薬を飲んでおいた方がいいと思います(体験談)

釣果
ちなみに他のみんなはこんな感じで上手く釣ってましたよ!


そしてまたしばらくボートを走らせていると・・・

ん?
海の色が・・・・

クリームソーダ
キレーーーーーーーー!!!!!!

急に深い青からこんなクリームソーダみたいな色に・・・・!
(美味しそうだったから舐めてみたけど、ちゃんと海水でした)
海ってもともとこんなにキレイな色だったんだなーと思うと、何だか少し悲しいですよね。


やっと念願のカヤンゲル島に到着ー
カヤンゲル
まさに楽園!
無人島だから誰もいないです。
ツアーの私たち6人だけ!!!


自然:ヤシの実
ヤシの実発見。
これがまたヤシの木になるのかな・・


とりあえず昼食にすることに。
メニューはさっき釣った魚!(とガイドさんが持ってきてくれたお弁当)
私たちが遊んでる間にガイドさんが魚を焼いて準備してくれました。

カヤンゲルランチ
お弁当
クラムチャウダーとかタロイモとか。美味しかったです!

魚はガイドさんが自分のあげるよーと言ってくれたけど、
一緒のツアーで来てた中国人のカップルが
「自分たち大きいの釣ったから一緒に食べよう!」と言って分けてくれました(´;∀;`)

とれたてランチ
ホントにめっちゃ大きくってビックリ!


あとは各々まったりと・・・
カヤンゲル2
海!
私も友達もずっとのんびーりと漂ってましたw


ずっとここに居たかったけど帰る時間に。
名残惜しーーーーい><
カヤンゲル3
またいつか絶対来る!と心に決めて立ち去りました。
その時までずっとキレイな島だったらいいな。


そのまま真っ直ぐ帰るかと思ったら、地元の方がごく僅か生活している小さな島に寄り道しました。
田舎暮らしとかそんなレベルじゃなくって、ホント島の中で自然と一緒に暮らしてるって感じの所でした。
そこのある1軒の民家におじゃまして・・・
ココナッツ
自宅に出来た天然のココナッツジュースを振舞ってもらいました♪
奥のナイフ持ってるのがその家のご主人なんですが身体がムッキムキ!
「いい身体してますねー」と言ってみたら
「自分はジュースもビールも飲まない!このココナッツだけ飲んでたらこうなるんだよ!」って言ってましたw

バナナ
ヤシの実
バナナもココナッツもすごい美味しかった・・・!
今までいくつかの国でココナッツジュース飲んだけど、ダントツで一番美味しかったです。

ちなみにこれがビフォー・バナナ☆
beforeバナナ
赤い葉っぱをめくると黄色のつぼみが・・・
これが大きくなってバナナの房になるんだって!


あとは帰り際に、人生初の防波堤ジャンプしましたヽ(`∀´)ノ
ジャンプ!
イメージはバッチリ。ぼくなつのぼくくんを思い浮かべます。
そこそこの高さがあったけど、現地の人に混じって思い切ってダイブ・・・!

これが思った以上の衝撃でビックリしましたw
溺れるかと思ったー><笑
着水の心得とかなかったからブクブクなってしまって、ガイドさんが笑いながら助けてくれました。


そんなことも体験しつつ、この日はホントに初めてのことだらけで満足して帰りました。
海って楽しいですね!
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

ぐりぃ

Author:ぐりぃ
ゲーム実況を始めました。
それに伴ってのブログです。
あとはどーでもいい雑記など

生息地
カテゴリ
たまには読書
ごゆるりと